テトラ AX-60 Plus 無改造、騒音対策!

前回の改造で、騒音問題も落ち着いたので、放置していましたが、やはり本来の姿での運用をと思い、AX-60 Plus純正水中モーターでの騒音対策を試行してみました。
今回は、枠あり60cm水槽「ニッソー NEWスティングレー106」への設置です。そこで、ふと、「ユーロ EXパワーフィルター75」を設置した際、枠あり水槽だとシャワーパイプが水槽枠に干渉して上手く設置できなかった事を思い出しました。
その後のEXパワーフィルターは、つまらない位、何の問題も無く正常運転を継続中!!
AX-60無印では、オーバーフローパイプではなく、蛇腹ホースを直接シャワーパイプ及び、水中モーターに接続するので問題なさそうそうですが、はたして、AX-60 Plusは大丈夫か?
とりあえず、設置。普通に設置できました。
AX-60 Plus 普通に設置した写真1
AX-60 Plus 普通に設置した写真2
で、電源オーーーーーン。ブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブル。
相変わらずの騒音です。衝撃波です。
仕方ないので、これまでの経験から、水中モーターを固定しているキスゴムを外せば静かになるはずと、上のも下のも外してみましたが、、、。低周波が。むぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅん。
AX-60 Plus キスゴム外して音低減の写真
角度を変えたり、持ち上げたりして、色々試していると、どうも水中モーターに接続したオーバーフローパイプが水槽に接触すると音が増幅されるみたい。
すなわちモーター部もパイプも一切どこにも触れさせてはいけない。無理。
苦肉の策で、水槽掃除用のメラニンスポンジをパイプの下に敷いてみた。
AX-60 Plus スポンジ敷いて騒音対策の写真
おぉ、マシになった。まぁ、無音ではありませんが、エアレーションしてれば分からなくなる位です。我慢できるレベルです。
しばらくこれで使ってみます。



AX-60 Plus 改造 (濾過容量3倍 AX-45)

このコンテンツは改造を推奨するものではありません。改造については自己責任でお願いします!

先日のAX-60Plus設置に際して、小型水槽では、さすがに流量が大きすぎた為、一時的に水中モーターを下位のAX-45の物に換装しました。その時の様子です。

AX-60(無印)では、加工無しでAX-45の水中モーターに換装可能ですが、AX-60Plusの場合は、加工が必要です。下の表は、AXシリーズのホース径です。

排水ホース 吸水ホース
本体側 シャワーパイプ側 本体側 モーター接続部
AX-30 8mm 16mm 8mm 16mm
AX-45 8mm 16mm 8mm 18mm
AX-60 12mm 16mm 12mm 18mm
AX-60Plus 12mm 12mm 12mm 12mm
(専用ラバーで接続)

※注意:ホース径が同じでも、AX-45にAX-60(無印)のモーターを使用してはいけません。
AXシリーズはフィルターケース内が正圧になっています。
水中モーターを流量の大きな物から、小さな物へ交換する場合は問題を起こし難いですが、流量の小さな物から大きな物に交換した場合、メーカーが想定している耐圧範囲を超え、フィルターケース内が異常に加圧され、漏水を起こす危険性があります。

AX-60のホースは内径12mmですが、AX-45は、一番細い部分で8mmです。その分圧力は高まります。ホースが細い上に、モーターの流量を上げるとホースジョイント部に負荷がかかります。
同様に、フィルターケースのバックル部は、AX-60は4点止めですが、AX-45は2点止めとなっており、この部分にも負荷が掛かります。

と言う事で、濾材が目詰まりでもした日には、そら恐ろしい事に、、、。なるかもしれません。
本来、外部フィルターの動力は、排水側から水を引っ張って、フィルターケース内を負圧にするのが理想であって、吸水側から水を押し出して、正圧にするのはよろしくないと、エーハイム総合カタログのサブフィルターの説明にも書いてあります。

■AX-60 PlusにAX-45の水中モーターを付ける。
AX-60無印と違い、AX-60 Plusの場合、ホース径こそ12mmですが、モーターとの接合は専用ラバーを使用しています。ここが曲者で、AX-45のモーターの場合、ホース接合部の径が小さく、専用ラバーをはめてもスカスカです。

これをどうやって固定するかですが、

においが少ない安心タイプセメダイン ガラスの水槽・鏡防水シール バスコークN 透明 50ml …
photo by rakuten.co.jp

安直に思いつくのが、バスコーク等のシリコン充填剤で固定する方法。
しかし、これだと再利用性が低下します。

水漏れ防止に!シールテープ 自己融着タイブで、耐湿性、耐犠牲に優れています。水止めテープPP79-1S
photo by rakuten.co.jp

次に思いつくのが、シールテープや自己融着テープ等で、水中モーターのパイプ接合部をグルグル巻きにして、パイプ径を合わせる方法。

ごちゃごちゃした配管もまとめてスッキリ!AX―30用 吸排水オプションセット
photo by rakuten.co.jp

イメージとしては、「AX-30用 吸排水オプションセット」の様な感じで、パイプ側ではなくモーター側にテープを巻く感じ。

AT-50/AT-60用テトラAT50/60用Oリング/ラバーセット
photo by rakuten.co.jp

そして、さらに思いついたのが、AT-50用のラバーを付けて、その上からAX-60Plus用のラバーを付ける方法です。って言うか、最初からそのつもりでした、、、。


AT-50用ラバー付きAX-45モーターの写真
AT-50用ラバーを装着したAX-45水中モーター

手元にAT-50の水中モーター(AX-45と同じもの)があったので、眺めていると、どうもぴったり嵌りそう。そこで付けてみました。

AT-50用ラバーを切断した写真
ただ、そのままではAT-50のラバーは長すぎるので、ラバー接合に必要な部分だけを残し、切断します。

切断したラバーの上からAX-60Plusの専用ラバーを取り付けた写真
切断したラバーの上から、AX-60Plusの専用ラバーを取り付けます。

水中モーター換装完了した写真
それにしてもピッタリです。
この方法の利点は、安い上に、見た目も損なわない。AT-50用のラバーは300円ちょっとです。
シールテープも概ね300円ぐらい。とは言うものの、シールテープは他でも使えますが、、、。
まぁ、手元に有る物を流用できれば、それが一番です。

ホースバンドで固定した写真
今回の改造とは関係ありませんが、パイプとラバーの接合部をホースクリップで補強してます。

■改造後の使用感
流量に関しては、AX-45の水中モーターなので、小型水槽に、ちょうど良いのは当たり前ですが、濾過容量がAX-60なので少々の過密にも耐えれそう(気分的な物です)。と言うものの濾過層が大きくなってると言う事は、その分水量も増えているので、あながち間違えではないはずです。

音に関しては、普通に設置した場合、エアポンプのノンノイズ S-100と同じ位。
(個人的主観ですが、)五月蠅いです。

色々試して、後日気付いたのですが、当方の場合、水中モーターを固定しているキスゴムを上下とも外し、宙ぶらりんにすると、静か(モーター部より流水音に似た動作音はする)になりました。
日中では、水面に波がないと動いているのか分からないくらいです。
ただ、深夜だと、やはりモーターの動作音は、はっきり聞こえます。

AXシリーズの騒音の原因は、キスゴム固定による共振である事は確かなので、次は、無改造でAX-60Plusの騒音を抑える努力をしてみます。