コトブキSV9000に社外製ストレーナースポンジをつける。

コトブキ工芸さんの外部フィルター、パワーボックス SVシリーズには、標準でストレーナースポンジが付いてないんです。
そこで社外製のスポンジフィルターを付けているのですが、以前は、たまたまサイズの合ったノーブランドのスポンジフィルターを付けていたのですが、劣化してカチカチになったので、新調しました。

新たに付けたのは、「LSS研究所 スポンジフィルターシリーズ LS-MiniB」です。
社外製ストレーナースポンジ

大きさは、直径60mm高さ95mmで、肝心の穴の大きさは、25mmです。
スポンジの目の粗さにより、XXS、XS、Mとあります。
エーハイムのクラシックフィルター2215・2217等の大型ストレーナー用となっています。
稚エビ、稚魚の吸い込みが気になる方はXXSかXSの選択になるかと思いますが、私は、通水性が高く、目詰まりがしにくい目の粗いMを購入しました。
SV9000に合うストレーナースポンジ

下の写真では、真ん中がテトラさんのユーロEXパワーフィルター75のストレーナー、右端がコトブキ工芸さんのパワーボックスSV9000のストレーナーです。(海水で使ってるので石灰藻まみれです。)
大型ストレーナー用スポンジ

SV9000のストレーナーに付けて見ました。ぴったり良い感じです。
ストレーナーに装着

水槽の中では、それなりの存在感がありますね。
SV9000ストレーナースポンジ



コメントを残す

ウェブサイトの入力は任意です。